Category: 初級向け

007 短い動画で心を掴む!ストーリーテリング

ストーリーテリングとは、伝えたい思いやコンセプトなどを、印象的な体験談やエピソードなどの「物語」を引用し、例示することで聞き手に聞かせ、印象付ける手法です。数分の動画で視聴者を引き込むためには、話の流れを上手に作る必要があります。これには、短い動画では「起承結」や「起結」というシンプルな構成が効果的です。 良いストーリーテリングのポイント 興味を引く始まり視聴者の注意をすぐに引くために、面白いシーンや質問を使います。 わかりやすいメッセージ伝えたいことをはっきりさせます。 感情的なつながり視聴者が感情移入できるキャラクターやストーリーを使います。 見た目と音の調和映像と音の組み合わせで、より深い印象を与えます。 視聴者を知るどんな情報やスタイルに視聴者が反応するかを理解します。 シナリオの準備事前に計画を立て、練習をします。 フィードバックを利用動画公開後にもらった意見を次に生かす。 動画では、ストーリーテリングを使って、印象深いメッセージを効果的に伝えることが大切です。これにより、メッセージがはっきりし、視聴者に感動を与え、記憶に残る動画が作れます。

さらに詳しく »

006 動画制作におけるコンプライアンス

動画制作におけるコンプライアンスの遵守は、広報担当者が無視できない重要な要素です。ここでは、著作権、肖像権、プライバシーなど、動画制作における主要な法的側面について詳しく見ていきます。 著作権の尊重動画に使用される音楽、映像、画像、テキストは著作権で保護されている場合が多いため、これらの素材を使用する際は許可を得るか、著作権フリーの素材を選ぶ必要があります。※フリー素材の利用方法についてはライブラリーごとにルールが異なるので確認が必要です。 肖像権とプライバシーの保護映像や画像に人物が登場する場合、その人物の同意を得ることが肖像権の侵害を防ぐ鍵です。特に商用利用の場合は、この点が非常に重要です。※単なる撮影の承諾と、商用利用の承諾は全く別のものです。撮影の承諾を得たとしても、商用利用まで承諾を得たことにはなりません。※素材ライブラリーのものであっても、被写体に商用利用の承諾を得ていない場合もあります。広告物に利用する場合は細心の注意が必要です。 撮影許可の取得屋外での撮影では、私有地や公共の場での撮影には、事前に撮影許可を得ることが必要です。特に商用利用の場合は、この点が非常に重要です。 写真・映像の商用利用は十分に注意が必要です 国際法の遵守動画が国際的に配信される場合、異なる国々の法律や文化に配慮する必要があります。 専門家の助言の活用法律の専門家に助言を求め、法的リスクを避けるためのガイドラインを作成することが推奨されます。ただし、著作権・肖像権について詳しい弁護士は多くはないので、ネットで調べて専門の弁護士に聞いてみるのがいいと思います。 迅速な問題対応法的問題が発生した場合は、迅速に対応することで企業の評価を保護し、リスクを最小限に抑えて将来的な問題の可能性を一刻も早く防ぐことが重要です。 動画制作におけるコンプライアンスの遵守は、単に問題を避けるためだけではなく、企業の倫理的責任を果たし、信頼性と専門性を高めるためにも重要です。※著作権フリーを謳っている場合でも、管理団体に登録した上で著作権フリーとしているものもあります。詳しくは素材の提供をした側の利用規定などを読んで、適切な対応が必要です。

さらに詳しく »

005 撮影のプロフェッショナリズム

広報担当者が撮る動画は、その団体や会社の顔となります。高品質な動画を撮ることは、会社のメッセージを伝え、イメージを高める重要な手段です。 良い機材を使い、撮影技術を磨くことが大切です。カメラの設定、照明、音声の調整など、基本的な技術を学び、実践することで、魅力的な動画が作れます。ここでは、プロフェッショナルの動画撮影の基本3つのポイントを説明します。 良い機材と技術は、ただのツールではなく、メッセージを伝え、ブランドのイメージを良くするためにとても大切です。これらをうまく使って、視聴者に感動を与える動画を作ることができます。

さらに詳しく »

004 メッセージの明確化と共有

動画の目的を考える まず、動画で何を達成したいかを考えます。例えば、 など、目的はいろいろあります。この目的をはっきりさせると、メッセージを絞りやすくなります。次に、伝えたい考えや気持ちをまとめます。たとえば、新商品の動画なら、「この商品がどのように人の生活を良くするか」がそれになります。この考えは、動画の話の流れや見た目、雰囲気を決めるときの道しるべになります。さらに、「そのメッセージが見る人に合っているか」を考えます。見る人の興味や価値観に合っているか、どんな言葉や映像がいいかなどを考えると、メッセージがよりはっきりし、強く伝わります。 伝え方を考える 伝え方はいろいろあります。どの方法を選ぶかは、メッセージの内容と見る人の好みによります。良い伝え方を選ぶことで、メッセージはもっとはっきりし、力強く伝わります。また、ドキュメンタリーの中にインタビューを入れるなど、複数の表現を重ねて、メッセージを明確にしていきます。最後に、動画を作る過程で、何度もメッセージをチェックし、必要に応じて少し変えることが大切です。これで、メッセージはもっと良くなり、最終的な動画で本当の力を発揮できます。 はっきりしたメッセージは、良い動画を作る基本です。はっきりとしたメッセージがあれば、動画は目的を達成し、見る人に深い印象を残せます。だから、商品を売る目的なら、マーケティング部門とよく話し合うことが大切です。開発部門だけで動画を作っても、マーケティング部門と話し合わないと、上手くいかないことがあります。

さらに詳しく »

003 メッセージを伝えたい相手は誰?

動画制作で成功を収めるためには、誰にメッセージを伝えたいかを明確にすることが大切です。ターゲットオーディエンス(オーディエンス:情報を受取る属性)、つまりメッセージを伝えたい人たちをよく理解することが、効果的なコミュニケーションの土台となります。ターゲットオーディエンスを特定する際には、年齢や性別、職業、趣味や興味、地域など、人々のさまざまな属性における特徴を考慮する必要があります。さらに、彼らの心理や行動の特徴にも目を向けることが重要です。 例えば、若い人たちをターゲットにするなら、彼らの好む視覚スタイルや話題、言葉遣いに注目します。ビジネスプロフェッショナルをターゲットにする場合は、具体的で情報に基づいたアプローチが必要です。これらの違いを理解し、それに基づいて動画の内容を作ることで、メッセージがしっかりと伝わります。 また、ターゲットを知ることは、動画のトーンやスタイルを決めるのにも役立ちます。例えば、若者向けの動画では、明るくエネルギッシュなトーンが良いでしょう。一方で、大人の専門職や高所得層向けには、洗練された上品なトーンが適しています。動画のトーンは、視聴者の感情や期待に大きな影響を与えるので、慎重に選ぶ必要があります。 ターゲットに合わせて動画の内容をカスタマイズすることも大切です。視覚的なものを好む視聴者には、ビジュアルの魅力を前面に出し、情報志向の人にはデータや事実に基づく内容を提供します。 ターゲットの特性は、動画を配信するプラットフォームの選択にも影響します。例えば、若い人たちはソーシャルメディアをよく使うので、InstagramやTikTokが適しているかもしれません。専門的な内容の動画は、Facebookのようなプラットフォームが良いでしょう。また、YoutubeやX(旧ツイッター)は広い年齢層に見られています。さらに、各プラットフォームにはショート動画のフォーマットもあります。 このように、ターゲットをしっかりと理解することで、動画制作のあらゆる側面に良い影響を与えることができます。視聴者の期待や感情を掴むことで、共感を呼び、心に残る動画を作ることができるのです。視聴者とのつながりを強化し、彼らに響く内容を提供するために、ターゲットの理解は欠かせません。

さらに詳しく »

002 動画は企業のアイデンティティを伝える

動画は、企業のアイデンティティを伝える魅力的な手段です。企業のミッション、ビジョン、ブランドイメージは、その企業が何を大切にし、どのような価値を提供しているかを映し出します。動画制作では、これらの要素を深く理解することが大切です。動画は単なる映像を超え、企業の物語を語り、ブランドの個性を際立たせる力を持っています。 撮影に取りかかる前には、企業の核となる価値観や文化、目指す方向をじっくりと掘り下げましょう。これには、経営陣や従業員との会話、企業の歴史やこれまでのコミュニケーション戦略の分析、市場での位置付けの理解などが含まれます。これらのプロセスを通じて、撮影する動画が企業の心を真に反映し、視聴者に感動を与える内容となるよう心がけます。 ブランドイメージを映像に反映させるためには、色使いやロゴの配置、音楽選び、ナレーションのトーン、出演者の選定など、細部にも気を配ることが重要です。これらの要素は、企業のアイデンティティと深く結びついており、ブランドイメージを統一的に構築する上で役立ちます。 たとえば、革新的なテクノロジー企業なら、斬新でダイナミックな映像がふさわしいでしょう。一方、伝統を大切にする企業なら、暖かみのあるトーンや歴史感じるビジュアルが望ましいかもしれません。 結局のところ、動画はただの情報伝達ツールにとどまらず、視聴者に企業の魂を伝えるものでありたいものです。企業のイメージとブランドを的確に捉え、それを映像に生かすことで、ただの広告を超えた、心に残るストーリーを創造することができるのです。

さらに詳しく »

001 広報担当者が知っておくべき動画撮影の10のポイント

見られている意識を持つことも重要 デジタル時代では、動画は広報戦略において欠かせない要素となっています。企業のメッセージを伝え、ブランドの魅力を際立たせるためには、ただ動画を作るだけでは不十分です。ターゲットオーディエンスに響く、効果的で魅力的な動画の制作が求められます。 この記事では、広報担当者が動画を撮影し編集する際に、特に注意すべき10のポイントを優しく紹介します。これらのアドバイスは、企業のイメージ向上に寄与し、視聴者に記憶に残る印象を与えるためのものです。 まず、技術面よりも大切なのが、姿勢についてです。たしかに、態度について語り始めると少し堅苦しく感じられるかもしれませんね。しかし、広報担当者は、その企業や団体の顔としての役割を担っています。プロであろうとアマチュアであろうと、セミプロフェッショナルとしての自覚を持つことが重要です。それでは、一緒にこれらのポイントをゆっくりと見ていきましょう。 撮影現場のドレスコード確認は撮影機材の準備同様に重要です。(AI画像) 1. 企業の心を映像に映す 企業の動画は、その企業の顔のようなものです。撮影に取り掛かる前に、企業のミッションやビジョン、ブランドイメージをしっかりと理解し、それらを映像に落とし込むことが大切です。動画は、企業のアイデンティティを表現する大事な手段なのです。関連記事 002 動画は企業のアイデンティティを表す 2. ターゲットオーディエンスを心に描いて 視聴者は誰なのか、そして何を求めているのかを明確にします。ターゲットオーディエンスに合わせた内容とトーンで動画を作ることが、メッセージを届ける上で欠かせません。関連記事 003 メッセージを伝えたい相手は誰? 3. メッセージの明確化 何を伝えたいのか、そのメッセージをはっきりとさせましょう。メッセージを明確にして、視聴者に伝わる最良の方法を選ぶことが、効果的なコミュニケーションにつながります。関連記事 004 メッセージの明確化と共有 4. 撮影のプロフェッショナリズム 品質の高い映像は、技術的な品質から生まれます。プロフェッショナルな機材を使いこなし、技術的な知識を駆使することで、印象深い動画を作り上げることができます。関連記事 005 撮影のプロフェッショナリズム 5. 法的コンプライアンスの遵守 動画制作では、著作権、肖像権、プライバシー等の法令と社会規範に留意し、問題が生じないように注意が必要です。法令に抵触さえしなければいいという考えは現代社会においてはリスクが高いといえます。 関連記事 006 動画制作におけるコンプライアンス 6. シナリオとストーリーテリング 良いストーリーが良い動画を生みます。視聴者の関心を引き、感情に訴えるストーリーテリングは、メッセージ伝達の効果を高めます。関連記事 007 短い動画のシナリオは「起承結」や「起結」で構成する 7. 編集の工夫 映像と音声の編集は、視聴者の注意を惹きつけるために不可欠です。創造的な編集技術で、メッセージを強化しましょう。関連記事 008 編集の工夫 8. バックグラウンドノイズの管理 クリアなオーディオは視聴者体験を大きく左右します。不要な背景音や雑音を排除することで、質の高いオーディオを確保しましょう。関連記事 009 クリアなオーディオの管理 照明は成功の鍵をにぎります。(AI画像) 9. 照明とカメラアングル 適切な照明とカメラアングルは、視覚的魅力を高めます。これらの要素をうまく使い、映像の品質を向上させましょう。関連記事 010 照明とカメラアングルの効果 10. フィードバックの収集と改善 撮影後のフィードバックは貴重な資源です。視聴者や同僚からの意見を収集し、次回の撮影に活かすことで、動画の品質を継続的に向上させることができます。関連記事 011 フィードバックを活かす

さらに詳しく »
Search

INDEX

動画制作

プラットフォーム構築

お問い合わせ・リクエスト

規約・ポリシー・動画の塔について

Categories
Scroll to Top